【レーシック手術後のケア】 の記事一覧


レーシック手術後の過ごし方



レーシックは、多くの外科手術の中でも比較的に安全な手術法です。
手術当日は、通常通り食事を摂ってから手術を受けることができますし、手術後も何も問題がなければそのまま帰宅して、入浴することさえも可能です。

しかし、レーシックは視力回復トレーニングと違って、手術後の過ごし方が肝心なのです。
面倒に思う人やどうしても穏やかに過ごすことができない環境にある人は、規則正しい生活を続けさえすれば良いだけの視力回復トレーニングをおすすめします。


レーシック手術の後は、どういった点に注意しながら過ごすべきか、参考までにいくつか述べておきたいと思います。
レーシックにしようか視力回復トレーニングにしようか迷っている人は、それらを参考にして決めてみてはどうでしょうか?

レーシック手術後は、慎重に行動するようにした方が良いです。
保護メガネを装着するなどして、なるべく目に刺激や衝撃を与えないようにガードしておきましょう。
なぜなら手術で角膜につくったフラップをレーザー照射後に元に戻すのですが、それがまだ完全に装着してしまったとはいえないからです。
顔に衝撃を与えたりすると、フラップがずれる可能性もありますので、十分に注意して過ごさなければいけません。


メガネやコンタクトのわずらわしさから解放されたいが為にレーシックを受けることにしたスポーツ選手も多数いますが、レスリング、サッカー、バスケット、ラグビーなど人や物に接触することの多いスポーツはしばらく控えるようにした方が良いです。

デスクワークなどの仕事は翌日から働くことはできますが、チリやホコリが多い所での仕事はしばらくは注意しましょう。

注意すべき点をいくつか挙げてみましたが、これら以外にもレーシック手術後は注意しなければいけないことがたくさんあります。
レーシックは手術前もどのクリニックにしようか迷い、クリニックを決めたら今度は手術について医師から説明を受けてどうしようかあれこれ悩み、終始考えることだらけです。
短期間で回復するとはいえど、面倒なことが多く、なかなか両手をあげて喜ぶことができません。


このようなわずらわしさを苦痛と感じる人は、まずは視力回復トレーニングのようなゆっくり、のびのびとリラックスしながら視力の改善を進めていく視力方法を試してみることをおすすめします。
数ケ月、1年たってもなかなか回復せず、これ以上続けることがストレスに感じてくるようならば、レーシックへ踏み切るというふうにしても良いのではないでしょうか?

でもレーシックに踏み切るどころか、視力回復トレーニングだけで裸眼で生活できるようになるまで視力が回復するかもしれませんよ。

しかし何事も継続が大切です。
一生を共にする大切な目ですから、焦らずゆっくりと回復を試みるようにしましょう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。