【レーシックと乱視】 の記事一覧


乱視のレーシック


 一般的にレーシックは近視の矯正手術として広く理解されている様です。
しかし、近視しか矯正出来ないという事ではありません。
乱視と近視の両方を持っている人も数多くいますし、乱視のみであると言う人も居るでしょう。

 軽度の乱視であれば、眼鏡だけでも十分矯正は可能です。
しかし、強度の乱視の人の場合、眼鏡では矯正しきれない場合があります。
そのような人の場合は、はハードコンタクトレンズや乱視用コンタクトレンズなどで矯正している場合も多いと思います。

 でも、中にはコンタクトレンズが苦手な人も必ず居ます。
当てはまる人はレーシックを検討してみてはいかがでしょうか?
乱視が強く、コンタクトレンズを使用しているからマリンスポーツは出来ない。
乱視用コンタクトレンズをしているけど、希望の視力に迄矯正できない。
このような理由で悩んでいる人は一度、レーシックを取り扱う眼科医に相談だけでもしてみる事をお勧めします。

 今迄は、複雑な乱視の場合は不可能だった様ですが、近年新たな技術の進歩により、複雑な乱視もレーシックによる治療が可能になってきました。
複雑な乱視の人でもレーシックによって乱視をも矯正できる希望が持てる様になったのです。

 インターネットの普及で自分からでも様々な情報を入手するのに非常に便利な時代になりました。
乱視の人に限った事ではありませんが、レーシックについて、自分自信でしっかりと理解することから入りましょう。
レーシックについても、乱視についてもキチンと理解し、自分の大切な目の事ですので確実に自分の目を任せられる医師や病院選びをすることが大切だといえます。




トップに戻る

レーシック手術と乱視


レーシックは現時点において近視矯正の一つの手段としてその認知度も非常に高くなってきていますが、実はレーシックで視力矯正できるのは近視だけではありません。

乱視や遠視もレーシック手術により矯正することが可能なのです。

眼鏡やコンタクトレンズで矯正する事が困難な乱視がある場合はレーシックを考えてみるのも一つの選択肢だと思われます。乱視はレーシックで治る可能性もあり、乱視手術と近視手術を同時に行うことも可能です。

しかし、レーシックに限った事ではありませんが、この手の手術はすべての人に適用出来るという訳ではありません。

レーシックにより乱視を治したいという場合は、まずは眼科医に相談してレーシック手術を受けることが出来るのかどうかを確認しなくてはなりません。もしレーシックに適応しない場合でも、イントラレーシックなど、他の手術を受けられるという事も少なくないので、その時にはそちらの方を検討する事も出来ます。

レーシック手術により乱視は治るのかの答えは「Yes」です。

日本人には近視の人が非常に多く、レーシック手術に関しても近視の矯正手術として取り上げられがちなのです。そもそもレーシックはレーザーを使用して角膜の屈折率を変える事によって視力を矯正する角膜屈折矯正手術なのですから、近視と同様に屈折異常に分類される遠視や乱視ももちろん治せるわけです。

最近ではレーシックの臨床例も増えており、その成功率や安全性も明らかになってきていて、近年では気軽に受けられる様になってきてはいるのですが、先にも言ったようにすべての人に適用出来るという訳ではありません。眼科医に相談してレーシック手術を受けることが出来るのかどうかを確認されることをお勧めします。




トップに戻る




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。