レーシック手術の国内での認知度


レーシック手術は、コンタクトレンズやめがね使用の煩わしさから、視力回復、矯正のために手術を受ける人が急増しています。

メジャーリーガーの松坂大輔選手やプロゴルファーのタイガー・ウッズ選手などが受けたことから話題にもなりました。しかし、失敗例もあり、まだ完全な手術とはいえないのが現状です。

日本国内では、一般的にまだまだ認知されているとはいいがたい現状です。ただ、浸透しているとはいえなくても、プロスポーツ選手や有名人、芸能人がレーシック手術体験者となって、急激に認知度は高まりつつあります。

近年では日本国内でも、レーシック手術を行う、眼科医院やクリニックが急増しています。ただし、この手術に掛かる費用は、自由診療なので各眼科医院やクリニックにより幅があります。

健康保険・・・
日本の公的医療保険・・・


等は、レーシックには適用されません。そのため実費診療となります。

しかし、あなたが生命保険に加入しているならば、「レーシック手術」でも手術給付金が支払われるケースが少なくありません。ただし加入条件や内容にもよりますから、ご自身が加入している生命保険会社に問い合わせてみましょう。

問い合わせの際には、レーシック手術の正式名称・・・「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・とお伝えください。ただし、現在の動きとしては、レーシック手術の給付請求が増えたことから、日本の各保険会社は、この手術を保障の対象から外す動きを見せています。対象から外される以前の契約で加入している場合には、保障対象となりますが、これから新たに加入する場合は、ほとんどが保障されないと考えたほうがいいでしょう。




レーシック手術に保険は適用されるのか?


視力の悪い人なら、誰でも自分の視力が回復する事を心から望んでいるはずだと思います。いちばん身近なメガネによる視力矯正は手っ取り早くて楽なのですが、色々と不便な事もあるようです。次にコンタクトレンズにいたっては、そのケアや維持費がバカになりません。

視力が悪いと言う事は、それだけで不快や不便を感じる事でしょう。また視力を矯正する為に継続的に維持費がかかり続けるというのも悩みの種だと思います。
トータル的なコストを考えると、たった一度のレーシック手術で視力が回復できたとしたら、果たしてどちらが得でしょうか?

それだは、レーシック手術にはどの位の費用が掛かるのか?
また、レーシック手術の費用には保険が適用されるのか?

レーシック手術の費用については、それぞれの病院やクリニックでかかってくる費用に違いがありますが、おおよそ片目で5万円〜20万円弱。
両目になると、10万円〜40万円にもなってしまいます。

一口に20万〜40万と言ってもこれってとても気安く払える金額ではないと思います。

残念ながらレーシックは医療保険の対象にはなりません。病気の治療の手術であれば、保険で安くできるのですが・・・。

したがって、レーシック手術の費用は全額御自身で負担する事になってしまいます。
でも、もしかすると貴方が個人的に加入されている医療保険や生命保険によっては保険金支払い対象になっている場合もありますので、御自身で保険会社に確認を取って置く事をお奨めします。

何はともあれ信頼の置けるクリニックであなた自身が納得の行くレーシック治療を受けていただくのが最善の方法だと思います。





トップに戻る



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。