【レーシックと老眼】 の記事一覧


レーシックと近視と老眼


望むと望むまいと、悲しいかな
時と共に老いは必ず誰にでもやってきます。
こればかりは決して避けて通る事が出来ません。

生きている限りたった一つしか無い自分の体
過ぎ去った時間と共に、その機能が低下してくるのも
致し方ない事だと思います。

若いうちにレーシック手術を受けて近視の視力を矯正しても
40代を過ぎて、老眼を迎える年齢になれば
やはり老眼になってしまうそうです。

レーシック治療も永遠では無いと言う事を認識しなくてはなりません。
現時点ではレーシック治療のように老眼になってしまった
視力を矯正する方法は無いようです。

しかし、つい100年ほど前までは
近視を矯正する方法もありませんでした。

レンズと言う物が発明され
メガネと言う視力矯正用の道具になり
コンタクトレンズが開発されてメガネの
煩わしさから開放されるようになりました。

そして近年レーシックと言う眼球そのものを
治療するようになって近視の方は
レーシック手術を施術する事により
それまでの不便さから100%開放されるようになったのです。

そして現代の医療技術は日々目まぐるしく進歩しています。

目の外に付けるメガネが
目の中にいれるコンタクトレンズになり
やがて眼そのものを治療する

レーシックと言う技術が開発されたのですから。

近い将来、老眼が克服できる時代が
訪れる日が、きっとやってくると思います。



肌荒れやにきび跡の対処法





トップに戻る

レーシックと老眼


40歳以降の老眼が出始めた人へのレーシックについて重要になってくる老眼の問題。「老眼は老化現象だから治せない」というのは昔の話。いろいろな老眼治療が最近では出てきているようです。老眼は屈折異常と言われている近視や遠視、乱視などとは異なる老化現象です。

近くが見えにくくなるので老眼≒遠視と思っている方が多いかもしれませんが、これは全くの別物です。老眼の原因は眼球やレンズの屈折率ではなく、ピント調整で使われる目の中のレンズが硬くなって調整が利きにくくなる事とピントを合わせる筋肉の衰えによりおこります。

というわけで、本来レーシックと老眼は関係ないのですが、元々近視の人は近くに焦点が寄っているので、老眼に気付きにくいと言われています。それがレーシックを施術して普通の視力にもどると近くが見えにくく感じるというのです。老眼が出始めている人にはレーシックは向かないという眼科医もいますが、近視を少し残してあげることで快適に見えるというドクターもいるのです。

老眼になるとレーシックを勧めない理由の一つは、白内障などでどうせレンズが曇ってくるのでレンズを度数を調整して変えてしまえるというのもあるようです。レーシックを行う場合は、近視を少し残してあげるなど、本人に合わせてレーシックを行うような気配りが大切になってくるので、そうしたことをきちんとカンファレンスして納得のいく治療を行ってくれるドクターがいいと思います。


二重まぶたがアナタの美しさを作る



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。