【一般的な目の病気】 の記事一覧


VDT症候群とは?


VDT症候群とは、パソコン、ワープロ、テレビゲームなどの端末である
VDT(Visual Display Terminal)を用いた長時間作業により、
目、 体、心などに影響のでる病気で、
別名テクノストレス眼症とも呼ばれています。


わたしたちのまわりにはたくさんのVDTがあります。
視線がディスプレイ、キーボード、書類の間をひんぱんに移動するため、
疲労がはげしくなります。


画面を集中して見続けるため、まばたきの回数が約1/4に減り、
目が乾燥し、目に負担がかかります。

また、長時間同じ姿勢をとり続けるので、
首、肩、腕などの痛みがでてきます。現代の新しい病気とされ、
オフィスで増加しています。




VDT症候群には視覚系症状、骨格筋系症状、精神神経系症状があらわれます。

視覚系症状としては、ドライアイと呼ばれる眼球の乾き、目のかさかさ、
充血、痛み、異物感、涙の流れ、目の疲れ、視力の低下、目のかすみ、
物がぼやけるなどがあります。


その他に、長時間作業による眼精疲労がおこります。


骨格筋系症状としては、肩こり、首・肩・腕の痛みとだるさ、
背中の痛み、手指のしびれなどです。


精神神経系症状としてはイライラ、不安感、抑うつ状態、睡眠障害などです。




VDTから出る電磁波は低レベルのものであり、さほど人体への影響ありません。
また、ディスプレイの前面にフィルターを付けても、
ディスプレイの周囲から電磁波が出ているので効果はありません。


角膜炎、結膜炎、ドライアイ、緑内障の人は、過度なVDT作業を控えましょう。
異常を感じたら、早目に眼科専門医に相談しましょう。




VDT症候群にならないための予防法としては

VDT画面は、直射日光を避け、十分に明るく、
照明が反射しない場所に設置してください。


1時間に10分間程度休憩をいれ、体操したり、
遠くの風景を見たり、目を閉じたりしましょう。


人工涙の点眼を通して眼球乾燥を防止するとよいでしょう。
画面と目の距離は40〜50cm位に保ちます。


画面を少し下に設置すると、視線が下に向かうので、
目の乾燥を防ぎます。


異常を感じたら、空調から出る風が直接からだに当らないようにしましょう。




VDT症候群の治療法としては

目の乾きを防ぐために点眼薬の治療を行うと同時に、
適度な運動で身体をほぐすと疲れがとれます。


眼科に行って、目の疲れをやわらげ、目にうるおいを与える点眼薬や、
身体や目の緊張をほぐす飲み薬などの治療を受けるのもよいでしょう。




ブログトップに戻る


一般的な目の病気


1. 近視

目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態です。近視の原因は現在のところよくわかっていませんが、遺伝的な要素と環境が関係すると考えられています。近視の治療はここ数年の間に著しい進歩をとげました。

2. 遠視

近視とは逆に目に入ってきた光が網膜より後ろで像を結ぶ状態です。近くを見るときに水晶体でより多く調節しなければならないので、40代を過ぎると眼精疲労の原因になります。また、小児の遠視を放置してしまうと、大人になってからも視力のでない弱視という状態になってしまうので要注意です。

3. 老眼

遠くのものにも近くのものにもピントを合わせることができるのは、眼のなかの水晶体というレンズが厚みを変えて調節しているためです。この水晶体の調節力が年齢によって低下していくために老眼(老視)がおこります。

4. ドライアイ

コンタクトレンズの使用やコンピューターでの眼の酷使などドライアイの患者さんは増加しています。眼の乾燥感ばかりでなく、眼の疲れで受診された患者さんが、調べてみるとドライアイによる眼精疲労だったというケースもよくあります。

5. 眼精疲労

パソコンやコンピューターゲームの普及によって眼の酷使による眼精疲労が増加しています。このような眼精疲労は別名VDT症候群(Visual display terminal)とも呼ばれていて、眼の疲ればかりでなく、肩こりや背中の痛みあるいはイライラなど精神症状まで発展してしまいます。さまざまな要因によって引き起こされることが多く、それぞれの要因に対する対策が必要になります。

6. 花粉症

現在多くの患者さんが花粉症のために毎年春先に不快な症状に悩まされています。しかし、抗アレルギー薬の点眼や内服を適切に使用することによって不快な症状の多くを軽減させることが可能です。

7. 円錐角膜

角膜(くろめ)の中央が薄くなり徐々に突出してくる病気です。初期のうちは酸素透過性の高いハードコンタクトレンズの処方で対応します。病気が進行して通常のハードコンタクトレンズの装用が困難な場合は、円錐角膜用にデザインされた特殊なコンタクトレンズを処方します。さらに、進行してコンタクトレンズがのせられない状態になると、角膜移植手術の適応になります。

8. 白内障

眼の中の水晶体というレンズが年齢とともに濁ってくる病気です。60歳以上では程度の差はありますがほとんどの人が白内障になっています。混濁が進行して視力が低下するようであれば手術が必要になります。白内障の手術はこの10年間に著しく進歩しました、現在では短時間に痛みもなく手術が可能で、術後の早期回復が望めます。

9. 緑内障

視神経が障害され視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気です。40歳以上の日本人の17人にひとりが緑内障にかかっているといわれるほど頻度の高い病気です。視野の一部が欠けていても自覚症状として気がつかないことが多く、無自覚のまま病気が進行してしまいます。大まかに狭隅角緑内障と開放隅角緑内障のふたつのタイプに分類されそれぞれ治療法が異なります。

10. 糖尿病網膜症

糖尿病患者は日本に500万人以上いるといわれており、その数も増えつづけています。糖尿病によって引き起こされる糖尿病網膜症は現在わが国における中途失明の原因の1位になっています。糖尿病網膜症の治療は自覚症状が出現してからでは遅すぎます、早期発見と早期治療が重要です。

11. 飛蚊症

白い壁や空などを見たときに糸くずのような小さな影がただよって見える状態です。眼のなかの硝子体という部分に生じた濁りによって起こっていることが多いのですが、眼底出血や網膜はく離の前兆として生じていることもあり要注意です。眼科での精密検査を受けたほうがよいでしょう。

12. 網膜はく離

何らかの原因で網膜に穴があいてその部分から網膜がはがれてくる病気です。病気の初期であればレーザー光線で裂孔の周囲を焼き固め剥離を予防できます。しかし、剥離が進行してしまうと、入院での手術が必要になり、手術せずに放置すると失明してしまいます。早急な治療が必要です。


参照:銀座眼科


ブログトップに戻る


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。