レーシック手術の問題点



レーシック手術は、たとえ日帰り可能であるといっても、手術であることに変わりはないので、危険が無いわけではありません。守るべき注意事項が当然りますし、手術当日から即快適な生活を送れるようになるわけではありません。

・術後にしみたり、異物感を感じたりすることがあります。
・手術中にまぶたを大きく開くために器具をつけることから、術後にまぶたが開きづらくなったり、はれぼったくなることがあります。
・結膜に内出血(結膜下出血)が起こり、白目が赤くなることがあります。
※このような症状は、一晩で治るものもあれば、2週間ほどかかるものもあります。


その他、一般的には次のような問題点が指摘されています。

・屈折度が安定するまでに一定の期間が必要であり、どれほどかかるかは個人によって差があります。
・実際にどれほどの効果があるか(近視、乱視、遠視の軽減度)と目標値との間には誤差があり、場合によっては、再手術が必要になったり、手術を受けたにもかかわらずめがねが必要になることもあります。
・左右の目に差が出ることがあります。これは同じ人の目であっても、左右によって条件が異なるからです。
・レーシックは、近視の進行をとめる手術ではないことから、日ごろから目を酷使するなど、近視になりやすい状況にある人は、いったん手術をしても再度近視になることがあります。

そもそもレーシック手術は、全員が受けられるものではなく、適応検査にパスした人のみが可能なのです。事前の検査、カウンセリング、術後のケアがよく整った眼科医での施術をお勧めします。

レーシックに於ける医学的リスク


レーシックは視力回復、あるいは視力矯正の方法として、最近注目されています。コンタクトレンズやメガネを必要としなくなることから、近年ではスポーツ選手などでこの手術を受けた人が多く、そのために話題になっています。

しかし、まだまだ歴史が浅いことから完全に安全な視力回復法とはいいきれません。またこれはその他の手術にもいえることですが、レーシック手術に100パーセントはありえないのです。

他の手術同様、失敗、術後の合併症等のリスクがまったくないわけではありません。しかも、歴史が浅いため、本当に長期にわたって安全が維持できるのかどうかの確証もないのが現状です。

その他、レーシックには以下のようなリスクが危惧されています。


●ドライアイ

●裸眼視力、つまり、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力、はほぼ間違いなく向上しますが、矯正視力、つまり眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力は、かえって低下することがあります。

●コントラスト感度の低下の可能性

●術後に、一過的にハロ・グレアが出現する可能性

●眼圧が術後実際の値よりも過小評価される、つまり手術前よりも低い値になるため、眼圧検査時は、レーシックを受けた経験があることを申告する必要があります。

●白内障の手術を受けた際に、眼内レンズの度数ずれをおこす危険があります。

●角膜を削り過ぎた場合、遠視になってしまう危険があります。これを再度修正することは困難です。

●角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間に瞳孔が開くと角膜周辺部の部分で術前と変わらぬ曲率をもつところを通った光線が網膜に到達するようになり、二重の像が見えることがあります。

レーシックのメリット、デメリット


メリット

1. 眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。

2. スポーツ選手の術例が多いのはこのためである。

3. 手術をしても入院をする必要性がなく、短時間で済む。

4. 生命保険などが適用されれば、手術費用がほぼ無料になるケースがある。

5. 比較的に、成功率の高い手術である。(ただし、1%以下でも失敗のリスクはある)



デメリット

1. 失敗のリスクがゼロではない。

2. 長期に渡る安全性が検証されていない。

3. コントラスト感度が低下する。

4. ハロ・グレアが少なくない割合で出現する。

5. 裸眼視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力)はほぼ間違いなく向上するが、
   矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力)は、かえって低下することがある。

6. 角膜を削り過ぎると遠視になり、これを再度修正することは困難である。
   そのため若干控えめに手術するので、軽い近視が残って、
   自動車の運転など高い視力を要求される活動には引き続き眼鏡が必要になることがある。

7. 角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間瞳孔が開くと角膜周辺部の術前と変わらぬ曲率をもつ
   部分を通った光線が網膜に到達するようになり、二重像を生じることがある。

8. 近視の進行する若いうちは手術が受けられず、また老眼になることに変わりはないので、
   一生に渡って眼鏡が不要になるわけではない。

9. 航空身体検査基準に不適合となる(パイロットになれない)



ブログトップに戻る



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。