レーシックとは?


マイクロケラトームとよばれる機械で角膜の表面を薄く削り フラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。 そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を破壊し除去する。 その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで (約2〜3分)待つ。 角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり (凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。 また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで 乱視も矯正可能である。 レーシックは 日本では、2000年1月に厚生省(現:厚生労働省)がエキシマレーザーによる矯正手術を認可し、 その安全性が確認されました。 メガネ・コンタクトに代わる第三の視力矯正方法として高い注目を集めています。

レーシック手術について


視力が悪いのはとても不便です。
五体満足とはよく言ったもので、耳が聞こえないのは不自由、手足が不自由なのも辛い・・・人間の体はすべてが正常に機能しているからこそ快適に暮らせるんです。

視力はメガネやコンタクトレンズで矯正すれば良いのですが、手間がかかったり、維持費がかかったりするのが常識、でも実はそればかりではありません。

スポーツする時はメガネは不便、だけど、コンタクトレンズはどうしても体質に合わない・・・そんな方も多く居るのではないでしょうか?

アメリカで開発された「レーシック」は、アメリカ人にとってはもはや当たり前の視力回復法の一つです。日本人にしてみれば、「視力回復のために手術?」と尻ごみしてしまいそうですが、日本でも2000年にレーシック手術が認可され、最近は徐々に手術希望者は増えてきているようです。

そんな方には「レーシック」はいかがでしょう?
「レーシック」(LASICK)って何?とおっしゃる方も多いことと思います。
これは、一言で言ってしまえば、「人工的に視力を回復させるための手術」です。

レーシックは簡単に言うと、レーザーで角膜を削り、屈折率を変えることでピントが合うようにする事です。角膜を削る?と聞いただけで、尻込みしてしまいますよね?
とは言え、手術は両眼でわずか30分程度で終わり、入院の必要はありません。

もちろん、それまでに事前の詳しいカンファレンスがあったり、細かい検査があったり、術後の検査もあります。手術前の説明をきちんと受け、 貴方なりに十分納得が行った上で、手術を受けることが大切だと思います。





ブログトップに戻る

視力をとりもどす、視力矯正手術


視力をとりもどす、視力矯正手術
メガネやコンタクトをお使いの方、わずらわしさを感じることはありませんか?近視・乱視・遠視を治して、裸眼ですごせることができれば、とお思いの方も多いのではないでしょうか。視力矯正手術は、約20分の手術で、1.0以上の裸眼視力を取り戻すことも可能だという報告もあるのです。

レーシックに代表される視力矯正手術は、とても魅力的ですが、一生使っていかなければならない目に手術をしなければならないとなると、少し不安もありませんか?

今回は、自分に合った治療を受けるために、視力矯正手術の手術を受ける前に知っておいていただきたいことと、ポイントについてお話いたします。


視力矯正は希望の治療を選ぶ必要があります
視力矯正の治療には、いくつかの手術方法があります。

どの視力矯正の治療法をご自身が受けるかどうかは、眼科専門医の検査やカウンセリングを受けながら、自分の年齢、角膜の厚さ、現在の視力の状態、手術後に希望する視力に合った治療を選ぶ必要があります。自己判断で簡単に選ぶことはできませんので、しっかり専門病院で見診てもらいましょう。


20歳未満、40歳代以上、60歳以上の視力矯正希望者は注意!
一般的に20歳未満は、視力がまだ安定していないため、一般的には手術が受けられません。
※クリニックによっては、18歳未満のところもあります。

また、40歳代以上の場合は、近視や乱視以外の目の状態も考える必要がありそうです。たとえば、すでに老眼になっている場合は、その老眼を治すことはできません。また、代表的な視力矯正手術であるレーシックという手術以外の方法をとることも、可能性があります。

さらに、60歳以上で、すでに白内障が存在しているときには、保険適応の白内障手術をして近視も治すこともできます。


角膜の厚さは、手術の適応性のポイントのひとつ
レーシックなどのレーザーによる視力矯正手術では、角膜の厚さは重要なポイントのひとつです。それは適応検査を受けることで、視力矯正手術に適応するか判明します。

この視力矯正手術は、角膜にレーザーを照射して、精密な加工を行い、角膜の形状を変えることによって屈折値を変化させ、近視や乱視を治療します。

そのため、角膜の厚さにゆとりがない人の場合は、治療が受けられなかったり、治療後の裸眼視力をあまりよく上げられない場合もあります。
具体的には、角膜の中央部の厚さを測定し、角膜の形状保持に最低限必要な厚さを、手術後に400ミクロン(μm)残せるかどうかが基準です。1ミクロンとは、1mmの千分の1です。
角膜の厚さの薄い人がレーザー照射によって、上記の値より薄くなると、手術後に円錐角膜の発症を招くため、避けなければなりません。

また、適応検査では、角膜の厚さ以外にも、角膜形状解析、角膜曲率半径測定、角膜内皮細胞検査なども行われます。

引用:All About


美容整形、まずは二重まぶたから

にきび跡を消す、ズバリ解消しましょう

レーシック(視力矯正手術)で、視力をとり戻す


コンタクトやメガネをお使いの方、わずらわしさを感じることはありませんか?近視・遠視・乱視を治して、日常生活を裸眼ですごすことができれば、とお思いの方も多いのではないでしょうか。レーシック(視力矯正手術)は、約20分の手術で、1.0以上の裸眼視力を取り戻すことも可能だという報告もあるのです。

レーシックに代表される視力矯正手術は、一生使っていかなければならないあなた自身の目に手術をしなければならないとなると、とても魅力的ですが、少し不安もありませんか?そこで今回は、あなた自身に合った治療を受けるために、レーシック(視力矯正手術)の手術を受ける前に知っておくべき事と、ポイントについてお話いたします。

レーシック(視力矯正手術)の治療には、何種類かの手術方法があります。
どのレーシック(視力矯正手術)の治療法をあなた自身が受けるかどうかは、眼科専門医の検査やカウンセリングを受けながら、自分の年齢、現在の視力の状態、角膜の厚さ、手術後に希望する視力に合った治療を選ぶ必要があります。自己判断で簡単に選ぶことはできないので、しっかり専門病院で見診してもらうようにましょう。

20歳未満は、視力がまだ安定していないため、一般的にはレーシック(視力矯正手術)が受けられません。
※クリニックによっては、18歳未満のところもあります。

また、40歳代以上の場合は、近視や乱視以外の目の状態も考える必要がありそうです。たとえば、すでに老眼になっている場合は、その老眼を治すことはできません。また、代表的な視力矯正手術であるレーシックという手術以外の方法をとることも、選択肢の一つになります。

さらに、60歳以上で、すでに白内障が存在しているときには、保険適応の白内障手術をして近視も治すことができます。

レーシック用語集


[あ行]

【アレルギー性結膜炎 (あれるぎーせいけつまくえん)】

異物の侵入により結膜が炎症を起こし、目のかゆみ、充血などの症状が出ます。
代表的なものには、花粉症ハウスダストによるアレルギー性結膜炎、
春季カタルなどがあり、コンタクトレンズの汚れが原因で起こる場合もあります。


【エキシマレーザー】

エキシマレーザーは1976年に米国IBM社によって開発されました。
角膜に熱による変性を一切起こすことなく切削できるという性質が
確認されたことによって、1985年から人の乱視や近視の矯正手術に用いられています。


【遠視 (えんし)】

目に入る光が適切に屈折せず像の焦点が合わなくなる屈折異常の一種です。
近視とは逆に、焦点が網膜の後ろで合ってしまうため、
近くのものが見えにくくなります。
遺伝や生まれ持った体質によるところが大きいと言われています。


【円錐角膜 (えんすいかくまく)】

角膜の上部が徐々に円錐状に突出する角膜疾患です。
15歳頃から症状が始まり、重度の場合には、
角膜移植が必要になることもあります。



[か行]

【角膜 (かくまく)】

眼球の最も外側にあり、眼球の内部を保護するだけでなく、
光を屈折させる役割を持っています。


【角膜移植 (かくまくいしょく)】

角膜を他の人の正常な角膜と取り替える手術です。
角膜の混濁や潰瘍、重度の円錐角膜、
水疱性角膜症等の疾患で角膜が機能を失った場合などに行われます。


【角膜炎 (かくまくえん)】

角膜が炎症を起こすと、眼の痛み、涙目、充血などの症状が見られます。
コンタクトレンズの長期装用やドライアイ、
点眼薬の副作用などが原因となることもあります。


【角膜切削形成術 (かくまくせっさくけいせいじゅつ)】

角膜が炎症を起こすと、眼の痛み、涙目、充血などの症状が見られます。
コンタクトレンズの長期装用やドライアイ、
点眼薬の副作用などが原因となることもあります。


【眼圧 (がんあつ)】

眼内にある分泌液の圧力のことで、これにより眼球の形状が維持されます。
通常21mmHgを超えると眼圧異常と見なされ、
眼圧が高くなると緑内障のリスクが高まります。


【強膜 (きょうまく)】

いわゆる白目の部分です。厚さは約1ミリで眼球全体を保護しています。


【近視 (きんし)】

目に入る光が適切に屈折せず像の焦点が合わなくなる屈折異常の一種です。
焦点が網膜の手前で合ってしまうため、遠くのものが見えにくくなります。


【屈折異常 (くっせついじょう)】

眼のピントを合わせる力が不完全の為に、目に入る光の屈折が適切でなく、
正常に像が見えない状態のことです。近視、遠視、乱視がこれに当たります。


【屈折矯正 (くっせつきょうせい)】

屈折異常を矯正することです。レーシックのほかに、
眼鏡やコンタクトレンズなども屈折矯正方法の一つとして数えられます。


【グレア現象 (ぐれあげんしょう)】

レーシックにおける合併症の一つです。
強い光を見た時に、まぶしくて像が見えにくくなる現象を指します。



[さ行]

【視神経 (ししんけい)】

光の刺激を脳に伝える働きを持つ神経です。


【硝子体 (しょうしたい)】

水晶体の後方にあるゼリー状でほぼ透明な組織のことです。
99%は水で出来ています。眼球内の大部分を占め、
屈折した光を通し網膜に到達させる働きを持っています。


【深視力 (しんしりょく)】

一般的に言われる視力とは違い、両眼視機能と呼ばれる眼の能力のうち、
遠近感や立体感のことを指します。大型免許などの取得時には検査されて、
一定の深視力が必要となります。


【水晶体】

眼内にある透明な凸レンズ状の器官です。
角膜と同様に光を屈折させる役割を持ちますが、
屈折力は角膜の半分以下しかありません。
そのかわりに水晶体は変形することができ、
ピントを調節することが出来ます。



[た行]

【動体視力 (どうたいしりょく)】

動いている物をとらえ、識別する能力のことです。
一般的に訓練により能力が向上し、
老化とともに低下することが知られています。


【ドライアイ】

涙液の不足などによって眼の表面が乾燥し、異物感、結膜充血、
眼精疲労、痛みなどを伴う症状のことです。
ヒアルロン酸ナトリウム溶液等の点眼薬や特殊な眼鏡の
使用などにより症状を抑えられます。



[は行]

【白内障 (はくないしょう)】

眼球の中でレンズの働きをしている水晶体が白く濁り、
網膜に像をうまく運べなくなり視力が低下する病気です。
加齢によって起こる老人性白内障が多くみられます。


【半盲 (はんもう)】

ある固視点を境に視野の半分が見えなくなる状態のことで、視野障害の一つです。


【複視 (ふくし)】

一つしかないものがこつに見える状態のことで、
視野障害の一つです。両眼複視と片眼複視の2通りがあり、
片目で見ると一つに見えるのに両目で見ると二つに見えるのが両眼複視で、
片目で見ても二つに見えるのが片眼複視です。


【不正乱視 (ふせいらんし)】

角膜のカーブが不規則に変化しているため、
どこにも焦点が結ばれない状態を不正乱視と言います。
これに対して一般的な乱視は正乱視と呼ばれます。
不正乱視は角膜自体に凹凸があるために治療が難しく、
一般的にはコンタクトレンズで矯正されます。


【ぶどう膜 (ぶどうまく)】

カメラの絞りに似た構造で、瞳孔に入る光を調節する働きを持ちます。


【房水 (ぼうすい) 】

目の中を循環する液体で、角膜、虹彩、
水晶体などに栄養を供給する血液の役目を果たします。



[ま行]

【網膜 (もうまく)】

眼底部にある薄い膜状の組織で、光の焦点を合わせる場所です。
光の焦点が網膜に合わなくなった状態が屈折異常です。


【網膜剥離 (もうまくはくり)】

網膜が強膜からはがれる病気です。



[や行]

【翼状片 (よくじょうへん)】

白目部分の結膜組織が角膜に侵入する病気で、
黒目に白目の組織が覆いかぶさるように見えます。
高齢者に多く見られます。



[ら行]

【裸眼視力 (らがんしりょく)】

屈折異常をメガネやコンタクトレンズなどで矯正しない時の視力を指します。


【乱視 (らんし)】

角膜のゆがみが原因で眼球に入った光がどこにも焦点が合わず、
物が二重に見えたりする状態で、屈折異常の一つです。
角膜だけでなく、水晶体、硝子体、網膜などに原因があることもあります。


【乱視矯正 (らんしきょうせい)】

乱視の矯正は、乱視用コンタクトレンズでの矯正が一般的ですが、
角膜のゆがみが原因の乱視の場合では、レーシックによる治療も可能です。


【緑内障 (りょくないしょう)】

眼圧が高くなり、眼内の血液循環が悪くなって視神経が障害され、
視野異常や視力低下をおこす病気病気です。


【老眼 (ろうがん)】

水晶体の調整力が弱まってくることによって遠くの焦点を
合わせづらくなる老化現象です。
主に40代以降の年齢になって次第に進行します。




ブログトップに戻る



レーシックRSSvol.2




強度近視の予防と解消〜強度近視の必須知識


強度近視でお悩みの方に役立つ視力回復情報と視力を守る予防法を紹介しています。



白内障


Sat, 01 Jul 2006 15:17:54 +0900

白内障は目の疾患のひとつでレンズの役目を果たす眼球内の水晶体が灰白色ににごり、
そのため物がかすんだりぼやけて見えたりするようになることです。





レーシックに関する情報を集める


Fri, 16 Jun 2006 12:50:10 +0900

レーシックを視力矯正の手段として考えるようになれば、より詳細なレーシックに関する
情報を知りたくなるものです。不安を解消するためにもまずは可能なかぎりレーシックに
関する情報を仕入れ、知識を手に入れましょう。





レーシックの適応検査を受ける


Fri, 16 Jun 2006 12:49:54 +0900

実際、レーシックを受けると決めたのなら自分の眼がレーシックを受けられる状態である
かどうかの検査を受けに行く必要があります。





レーシック手術前の直前検査


Fri, 16 Jun 2006 12:49:47 +0900

レーシックの適応検査でGOサインが出た場合も手術の直前に再び検査を行います。
念入りに検査を行うことで未然にトラブルを防ぐという意味があります。





レーシック手術当日


Fri, 16 Jun 2006 12:49:40 +0900

いよいよレーシックの手術を受けることになりますが、当日気をつけなければならない
いくつかのポイントがあります。





レーシック手術当日2


Fri, 16 Jun 2006 12:49:33 +0900

レーシックの手術に対しての最終確認を行い、書面に同意したサインをした後は、
待合室に待機してあとは自分の名前が呼ばれるのを待つだけです。





レーシック手術翌日の診察


Fri, 16 Jun 2006 12:49:27 +0900

レーシックの手術後の一番大切な診察となります。手術から一晩あけた眼の状態を
念入りに診察します。





レーシック術後1週間検診


Fri, 16 Jun 2006 12:49:20 +0900

レーシックの手術後は定期的に検診を受けなければなりません。大体どのクリニック
も術後1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年に検診を設けています。





レーシック術後1ヶ月検診


Fri, 16 Jun 2006 12:49:12 +0900

レーシックの術後1ヶ月ともなると視力の方は十分に出ていることかと思います。





レーシック術後3ヶ月検診


Fri, 16 Jun 2006 12:49:05 +0900

レーシックの手術後3ヶ月もすれば、今までメガネやコンタクトレンズをしていたこと
さえ忘れて、毎日裸眼で過ごせる喜びを感じていることだろうと思います。





レーシック手術後6ヶ月〜の検診


Fri, 16 Jun 2006 12:48:56 +0900

レーシックの手術から半年もたつと視力はほぼ安定して、見え方に関しても落ち着いて
いるはずですが、逆に手術から時間が経って問題が明らかになることもあります。





レーシックとは何か?


Thu, 15 Jun 2006 14:16:27 +0900

レーシックはメガネ・コンタクトレンズに続く第3の視力矯正の手段として注目されて
いる最先端の医療技術で、世間に浸透しつつあり、レーシック人口も増えています。





レーシック誕生のきっかけ


Thu, 15 Jun 2006 14:16:21 +0900

レーシックという視力矯正手術が生み出されるまでにさまざまな紆余曲折がありました。





レーシックで得られるメリット


Thu, 15 Jun 2006 14:16:15 +0900

レーシックによるメリットはすなわち、裸眼で生活できるという環境と快適さを手に
入れられるということに他なりません。





レーシックに伴うデメリットとリスク


Thu, 15 Jun 2006 14:16:09 +0900

レーシックをすることで何もよいことばかりがあるわけではなく、光あるところに
影があるようにデメリットを含めたレーシックのリスクもあるわけです。




Copyright 2006




生命保険や医療費控除は、どうなるの?


「レーシック」の手術は、自由診療となり、
健康保険が適用されていません。
このため、手術、検査などにかかる費用は、


全額個人負担となります。


加入している生命保険の種類によりますが、
多くの生命保険や医療保険では、


「レーシック」が手術給付金の対象となっているようです。


契約内容によりますので、給付が受けられるか否か、
加入している保険会社へ問い合わせてみましょう。

給付金を請求する際、診断書が必要となります。
詳細は保険会社や医院・クリニックに確認してください。


1年間( 1月〜12月)の医療費が10万円を超えた場合、
確定申告で税金が還付される可能性があります。

「レーシック」が医療費控除に該当するか否かについては、
税務署に問い合わせましょう。

なお、申告時、必要書類として、
治療費や手術費の領収書が必要となるので、
クリニックに発行してもらい、大切に保管しておきます。



ブログトップに戻る



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。