一重まぶたプチ整形の全て



page10

一重まぶたプチ整形の全て




二重まぶた整形への不安

一重まぶたは二重まぶたよりまぶたの脂肪があつい人が多いです。

その脂肪を取るために、親指の腹でマッサージしてあげます。

すぐに効果がでるわけではありませんが、
マッサージしてあげることでまぶたの脂肪を痩せさせます。
だんだん二重まぶたのラインがまぶたに入りやすくなります。

毎日まぶたの運動とマッサージを続けることにより
二重まぶたになれるかも・・・。

一重まぶたメイクの全て



page09

一重まぶたメイクの全て




二重まぶた整形への不安

 二重まぶたに整形したいという人は多いと思うが、整形する際にどうしても気になるのは、やはり失敗例のことだろう。巷では、美容整形で美しくなったという広告や体験談があふれている一方で、美容整形に失敗したという「怖い話」もよく聞く。こんな話を聞いたら、誰でも不安になってしまう。

 二重まぶたの整形に関して言えば、事前にきちんとした知識を得て、段階を踏んで手術を受けるなら、あまり失敗を恐れることはない。

 二重まぶたの整形の場合、「埋没法」という、失敗しても元に戻せる方法がある。これで成功しない例は稀なので、本格的な二重まぶたの整形をする前に、埋没法を試してみても損はない。


一重まぶた美容整形体験



page08

一重まぶた美容整形体験




二重まぶたの手術について

 美容整形において、最もポピュラーなものの一つが二重まぶたの手術だ。

 二重まぶたの手術は非常に簡単で、価格も数万円と、他の美容整形に比べるとお手ごろだ。雑誌やWEBサイトなどでよく見られる「手術前・手術後」の写真などを参照するとわかるが、二重まぶたにするだけで、顔の印象はかなり変わるので、二重まぶたは手軽に安価にイメチェンする一つの方法と言える。

 二重まぶたは、目をパッチリと大きく見せる効果がある。「はやりの顔」というものは、時代によって変わるものだが、目が大きく見えることが美人の条件の一つとされているような現代の風潮の中では、二重まぶたにしたいと考えている女性が多いのもうなづける。

二重まぶ た整形体験



page07

二重まぶ た整形体験




ヒアルロン酸の注入

美容整形(ヒアルロン酸)

美しくなりたい、という願望は、きっと誰にでもあるものですよね

 ダイエットなどの努力をしているのはそのためだと思います。しかし、努力だけではどうにもならない部分があります。

それは生まれ持った顔形や体型。それを外科手術でなんとかしよう、と言うのが美容整形です。

かつてはあまり良いイメージが無かった美容整形ですが、
今ではかなり一般的になってきています。

「モデルのようなスッとした鼻筋になりたい!でも手術をするのはちょっと…」という方にピッタリなのが、ヒアルロン酸の注入。

アレルギーの心配もなく、またメスも使用せず痛みも腫れも少ないので、その日からメイクもOK。

気軽に受けて、期待以上の自然で美しい鼻筋を手に入れることができます。

ヒアルロン酸は、もともと体内にある自然な成分で出来ているので確実に細胞に吸収して定着してくれるので、安全性は高いと言われています。

ヒアルロンサンは医薬品としてもポピュラーに使用されますし、スキンケアにはヒアルロンサン配合美容クリームと、実に様々な用途で利用される大変優秀な成分なのだ。

まぶたを上げる



page06

一重まぶたプチ整形の今後




眼瞼(けん)下垂とは、老化と共に上まぶたを開ける筋肉である眼けん挙筋が弱まり、思いどおりに目が開かない状態のことです。

額にシワを寄せて眉毛を上げることで目を開こうとするので、額や眉間にしわが刻まれやすく、見た目的にも無愛想に見られがちなのです。

眼けん挙筋の修正手術は、緩んでしまった眼けん挙筋を縫い縮め、まぶたの開く力を強化し目の縦の幅を広げることで、自然な状態でもぱっちりとした美しい目もとが実現します。

本来のまぶたの開きを取り戻すために、上まぶたを開ける働きをする眼けん挙筋を個人に合わせてカットし、短縮させて縫合していきます。

この時、一重から二重にしたい人は、二重のラインを糸で結んで二重まぶたを作ることも可能。傷は二重のラインに沿って、ぴったりと一致するので、傷跡が目立つ心配はないのです。

1日から2日間ほどは腫れがでますが、その後は時間とともに消えて落ち着いていくようです。

術後2日目に消毒、術後7日目に抜糸のための来院が必要です。

術後は、まぶたがぱっちりと開き、視界が予想以上に広がったのを実感できます。

引用:一重まぶたプチ整形の今後



どこのクリニックでやっても同じ?



page05

奥二重整形ってなに



Q.二重まぶた手術・埋没法は、どこのクリニックでやっても同じ?

A.いいえ、実は違うのです。

医療用の糸を使って二重まぶたを形成していくという点はドコのクリニックでも同じなのですが、糸の使い方や手術の内容は、違います。

糸をまぶたの裏側の結膜(ねん膜)に通す一般的な方法と通さない方法があります。

糸をまぶたの裏側の結膜(ねん膜)に通す一般的な方法では、糸を点止めで二重のラインを作っていく方法が主になります。

後者の通さない方法は、二重のラインにそって糸を線状に通すことになります。

通さない方法の方が、


術後のハレがより少ない

二重のラインもよりきれいに仕上がる

手術後かなり時間が経過しても糸をぬくことができる

糸による目のトラブルが起らない

というメリットがあります。

糸を通さない美容整形の方法は、最近になって出てきた技法です。

埋没法の二重まぶたの美容整形手術をうける場合は、糸をまぶたの裏側の結膜(ねん膜)に通す方法より、二重のラインを線状に形成する埋没法の方が、さらに安全で、良い結果が得られるでしょう


海外における整形事情



page04

瞳痙攣体験



欧米の場合

欧米、特に北米では、美と健康、若さに執着する価値観が強く、老若男女を問わず整形を受ける者が増えている(但し、下記に述べるように侵襲性の強いものは余り好まれない)。特に歯列矯正は極めて一般的で、逆に歯列矯正を受けないことを非難される場合もある。こうしたことから、美容外科が乱立し、価格競争が起こっている。そのため、一部の形成手術における費用は非常に安価である。

韓国の場合

韓国でも以前は整形した事実を隠す傾向があったが、主に芸能界において整形を告白することが「潔い」とされるようになるに従い、一般人においても整形手術を忌避する傾向が弱まった。その一例として、親が子に美容形成手術を入学祝いといった形で受けさせるといったことがある。但し、これはソウル市のような大都市で部分的に見られるに過ぎない傾向で、「習慣」と呼ぶほど全国的に一般化してはいない。また、韓国では「美人の定義」が極めて流動的であり、近年では整形した美形よりも、韓国人らしい顔が支持される傾向がある(但し、この傾向がどこまで続くかも不透明)。

引用:wikipedia

日本に於ける整形事情



二重まぶたpage03


奥二重痙攣大全集


日本では美容外科手術を受けた事実を隠す傾向が根強い。そもそも、日本においては、欧米では一般的なピアスや刺青といった「身体を傷付ける」とされるようなファッションを忌避することが多い。「何故、身体を侵すファッションを忌避するのか」といったことは学問的に深い検証がされたことはないため、一般には原因を文化や宗教観といったものに求めることが多いものの、詳しいことは分かっていない。同様に「どこまでを整形手術と看做すのか」といった定義も曖昧である。また、整形した事実を相手に指摘するのは侮辱であるとされている。

現在のところ、日本においては、美容外科手術を受けた者に対する社会の一部の偏見はまだ根強く残っているといわざるをえないため、特に公開された場における発言等に際しては、手術を受けた者のプライバシーを侵害しないか配慮が必要である。

市民権を既に得ている整形手術としては、脱毛や縮毛矯正、歯科矯正などがある(これらは侵襲性がないか、少ないことから整形とはみなさないこともある)。芸能界では整形を受けることが当然になっていると噂されているが、整形手術をしたことを公然と認める芸能人は少ない。

一方で、例えば、上眼瞼に皺を一本形成し多少目の開きを大きくするだけの二重まぶた形成手術で、本人が社会上不利益を受けていると思っている心理負担を軽減し、人のQOLの向上につながるのであれば、それは何ら社会的・倫理的に問題ではないという考え方もできる。また、美容外科手術に限らず、例えば高齢者の女性に化粧を施すと高齢者が活き活きとする作用などが報告されている。高齢化社会を踏まえて、美容外科手術が、技術進歩の結果、より安全に施行することができ、中高年以上の人口層がより活動的な社会生活をなすための補助手段となりえるのであれば、美容外科手術を否定する医学的・倫理的根拠は希薄になる。そして、実際、わが国において美容医療が医療の一分野として正式に認知されるに至った経緯には、これらの考え方を基礎にするものと考えることができる。

引用:wikipedia

美容整形外科、他科との違い



二重まぶたpage02


二重まぶたメイクの全て

近年、形成外科の一分野である認識もあり、大学病院や総合病院において美容外科がある場合は形成外科内に併設されている場合が多い。しかし、歴史的には美容外科は大学病院などで扱われはじめたのは比較的最近のことであり、街の開業医たちによって技術が育まれてきた異色の側面があった。その経緯と、既に標榜科の整形外科や形成外科の定義付けに、美容外科的なものが含まれてなかった事もあり、美容外科は昭和53年に標榜科目に認可された。(なお、美容外科に類似する名称として「美容皮膚科」や「美容内科」等の名称を診療所が独自に用いている例もあるが、これらの名称は標榜科目としては認可されていない。)

美容外科は呼称として整容外科、形成美容外科、美容整形外科とも言われる。またこの分野の施術は、一般には整形手術、美容形成手術、美容整形手術などと言われることが多いが、これは法律的な根拠のない俗称であり、正しくは美容外科手術と呼ぶべきものである。なお「整形」という言葉から誤解を受けがちであるが、整形外科は美容外科とまったく異なる診療科である。

日本では永らく形成外科医以外によって美容的手術が施されてきた経緯があり、多くの問題を生み出してきたものの彼らには一定の実績とノウハウがある。また、元来、解剖学的な専門知識に基づき瘢痕形成や顔面組織の機能障害などを専門分野にしてきた形成外科医が美容外科を取り込もうとしている中で、審美的センスに磨きをかけ豊富な美容外科的実績を集積しているのは一部の形成外科医にとどまる。両者の技術的、人的交流がこれからの課題となってきている。

引用:wikipedia

美容医療の安全性の向上





一重まぶた美容整形の全て


わが国における美容外科の歴史において、美容外科が正式な医療行為であるとの認知に比較的時間がかかったのは、それが健康な身体に外科的侵襲を加える行為であるのに対して、安全性が確立されていなかったことが一つの大きな要因としてある。実際、初期の美容外科治療においては、豊胸術や顔の若返り術と称して、皮下に直接ゲル状のシリコンを注入し、合併症を引き起こしたり、隆鼻術と称して解剖学的に無謀なプロテーゼ(シリコン樹脂を板状に加工したもの)の挿入を試み、プロテーゼが後年に皮膚を突き破って出てくる症例などが散見された。しかし、近年では、医師が正しい解剖学的知識を習得できる機会が増えたことや、医療技術の進展により、美容外科手術の安全性は飛躍的に向上してきている。

さらに、従来では、美容手術といえば侵襲性(invasive)のあるもの=身体をメス等の医療器具で直接的に侵す外科的手術が一般的であったが、近年では技術の発展により、皮膚に塗布するだけで一定の効果が得られる薬品(例:レスチレンジェル)や注射するだけで効果のあるもの(例:ボトックス・ヒアルロン酸)といった低侵襲性の手術が一般化している。これらは、その侵襲性の低さと同時に「注射するだけ」「塗るだけ」といった単純な施術であるために危険性が少なく、臨床経験の少ない医師でも容易にとりいれることができるため、特にアメリカ大陸の美容医療界では爆発的に広まった。近年ではナノテクノロジーや遺伝子技術を利用した技術も研究されている。

引用:wikipedia




ブログトップに戻る






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。