レーシックに於ける医学的リスク


レーシックは視力回復、あるいは視力矯正の方法として、最近注目されています。コンタクトレンズやメガネを必要としなくなることから、近年ではスポーツ選手などでこの手術を受けた人が多く、そのために話題になっています。

しかし、まだまだ歴史が浅いことから完全に安全な視力回復法とはいいきれません。またこれはその他の手術にもいえることですが、レーシック手術に100パーセントはありえないのです。

他の手術同様、失敗、術後の合併症等のリスクがまったくないわけではありません。しかも、歴史が浅いため、本当に長期にわたって安全が維持できるのかどうかの確証もないのが現状です。

その他、レーシックには以下のようなリスクが危惧されています。


●ドライアイ

●裸眼視力、つまり、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力、はほぼ間違いなく向上しますが、矯正視力、つまり眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力は、かえって低下することがあります。

●コントラスト感度の低下の可能性

●術後に、一過的にハロ・グレアが出現する可能性

●眼圧が術後実際の値よりも過小評価される、つまり手術前よりも低い値になるため、眼圧検査時は、レーシックを受けた経験があることを申告する必要があります。

●白内障の手術を受けた際に、眼内レンズの度数ずれをおこす危険があります。

●角膜を削り過ぎた場合、遠視になってしまう危険があります。これを再度修正することは困難です。

●角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間に瞳孔が開くと角膜周辺部の部分で術前と変わらぬ曲率をもつところを通った光線が網膜に到達するようになり、二重の像が見えることがあります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93569865

この記事へのトラックバック


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。