レーシックと近視と老眼


望むと望むまいと、悲しいかな
時と共に老いは必ず誰にでもやってきます。
こればかりは決して避けて通る事が出来ません。

生きている限りたった一つしか無い自分の体
過ぎ去った時間と共に、その機能が低下してくるのも
致し方ない事だと思います。

若いうちにレーシック手術を受けて近視の視力を矯正しても
40代を過ぎて、老眼を迎える年齢になれば
やはり老眼になってしまうそうです。

レーシック治療も永遠では無いと言う事を認識しなくてはなりません。
現時点ではレーシック治療のように老眼になってしまった
視力を矯正する方法は無いようです。

しかし、つい100年ほど前までは
近視を矯正する方法もありませんでした。

レンズと言う物が発明され
メガネと言う視力矯正用の道具になり
コンタクトレンズが開発されてメガネの
煩わしさから開放されるようになりました。

そして近年レーシックと言う眼球そのものを
治療するようになって近視の方は
レーシック手術を施術する事により
それまでの不便さから100%開放されるようになったのです。

そして現代の医療技術は日々目まぐるしく進歩しています。

目の外に付けるメガネが
目の中にいれるコンタクトレンズになり
やがて眼そのものを治療する

レーシックと言う技術が開発されたのですから。

近い将来、老眼が克服できる時代が
訪れる日が、きっとやってくると思います。



肌荒れやにきび跡の対処法





トップに戻る

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。