レーシック手術について


視力が悪いのはとても不便です。
五体満足とはよく言ったもので、耳が聞こえないのは不自由、手足が不自由なのも辛い・・・人間の体はすべてが正常に機能しているからこそ快適に暮らせるんです。

視力はメガネやコンタクトレンズで矯正すれば良いのですが、手間がかかったり、維持費がかかったりするのが常識、でも実はそればかりではありません。

スポーツする時はメガネは不便、だけど、コンタクトレンズはどうしても体質に合わない・・・そんな方も多く居るのではないでしょうか?

アメリカで開発された「レーシック」は、アメリカ人にとってはもはや当たり前の視力回復法の一つです。日本人にしてみれば、「視力回復のために手術?」と尻ごみしてしまいそうですが、日本でも2000年にレーシック手術が認可され、最近は徐々に手術希望者は増えてきているようです。

そんな方には「レーシック」はいかがでしょう?
「レーシック」(LASICK)って何?とおっしゃる方も多いことと思います。
これは、一言で言ってしまえば、「人工的に視力を回復させるための手術」です。

レーシックは簡単に言うと、レーザーで角膜を削り、屈折率を変えることでピントが合うようにする事です。角膜を削る?と聞いただけで、尻込みしてしまいますよね?
とは言え、手術は両眼でわずか30分程度で終わり、入院の必要はありません。

もちろん、それまでに事前の詳しいカンファレンスがあったり、細かい検査があったり、術後の検査もあります。手術前の説明をきちんと受け、 貴方なりに十分納得が行った上で、手術を受けることが大切だと思います。





ブログトップに戻る

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。