視力をとりもどす、視力矯正手術


視力をとりもどす、視力矯正手術
メガネやコンタクトをお使いの方、わずらわしさを感じることはありませんか?近視・乱視・遠視を治して、裸眼ですごせることができれば、とお思いの方も多いのではないでしょうか。視力矯正手術は、約20分の手術で、1.0以上の裸眼視力を取り戻すことも可能だという報告もあるのです。

レーシックに代表される視力矯正手術は、とても魅力的ですが、一生使っていかなければならない目に手術をしなければならないとなると、少し不安もありませんか?

今回は、自分に合った治療を受けるために、視力矯正手術の手術を受ける前に知っておいていただきたいことと、ポイントについてお話いたします。


視力矯正は希望の治療を選ぶ必要があります
視力矯正の治療には、いくつかの手術方法があります。

どの視力矯正の治療法をご自身が受けるかどうかは、眼科専門医の検査やカウンセリングを受けながら、自分の年齢、角膜の厚さ、現在の視力の状態、手術後に希望する視力に合った治療を選ぶ必要があります。自己判断で簡単に選ぶことはできませんので、しっかり専門病院で見診てもらいましょう。


20歳未満、40歳代以上、60歳以上の視力矯正希望者は注意!
一般的に20歳未満は、視力がまだ安定していないため、一般的には手術が受けられません。
※クリニックによっては、18歳未満のところもあります。

また、40歳代以上の場合は、近視や乱視以外の目の状態も考える必要がありそうです。たとえば、すでに老眼になっている場合は、その老眼を治すことはできません。また、代表的な視力矯正手術であるレーシックという手術以外の方法をとることも、可能性があります。

さらに、60歳以上で、すでに白内障が存在しているときには、保険適応の白内障手術をして近視も治すこともできます。


角膜の厚さは、手術の適応性のポイントのひとつ
レーシックなどのレーザーによる視力矯正手術では、角膜の厚さは重要なポイントのひとつです。それは適応検査を受けることで、視力矯正手術に適応するか判明します。

この視力矯正手術は、角膜にレーザーを照射して、精密な加工を行い、角膜の形状を変えることによって屈折値を変化させ、近視や乱視を治療します。

そのため、角膜の厚さにゆとりがない人の場合は、治療が受けられなかったり、治療後の裸眼視力をあまりよく上げられない場合もあります。
具体的には、角膜の中央部の厚さを測定し、角膜の形状保持に最低限必要な厚さを、手術後に400ミクロン(μm)残せるかどうかが基準です。1ミクロンとは、1mmの千分の1です。
角膜の厚さの薄い人がレーザー照射によって、上記の値より薄くなると、手術後に円錐角膜の発症を招くため、避けなければなりません。

また、適応検査では、角膜の厚さ以外にも、角膜形状解析、角膜曲率半径測定、角膜内皮細胞検査なども行われます。

引用:All About


美容整形、まずは二重まぶたから

にきび跡を消す、ズバリ解消しましょう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56080622

この記事へのトラックバック

レーザー 視力 矯正
Excerpt: 視力矯正 レーシック イントラレーシック エピレーシック視力矯正 レーシック イントラレーシック エピレーシック現在、メガネ、コンタクト使用しています。裸眼0.1以下、30代、乱視少しあります。わずら..
Weblog: 視力回復トレーニングキャンプ
Tracked: 2007-10-01 22:44


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。