レーシックと老眼


40歳以降の老眼が出始めた人へのレーシックについて重要になってくる老眼の問題。「老眼は老化現象だから治せない」というのは昔の話。いろいろな老眼治療が最近では出てきているようです。老眼は屈折異常と言われている近視や遠視、乱視などとは異なる老化現象です。

近くが見えにくくなるので老眼≒遠視と思っている方が多いかもしれませんが、これは全くの別物です。老眼の原因は眼球やレンズの屈折率ではなく、ピント調整で使われる目の中のレンズが硬くなって調整が利きにくくなる事とピントを合わせる筋肉の衰えによりおこります。

というわけで、本来レーシックと老眼は関係ないのですが、元々近視の人は近くに焦点が寄っているので、老眼に気付きにくいと言われています。それがレーシックを施術して普通の視力にもどると近くが見えにくく感じるというのです。老眼が出始めている人にはレーシックは向かないという眼科医もいますが、近視を少し残してあげることで快適に見えるというドクターもいるのです。

老眼になるとレーシックを勧めない理由の一つは、白内障などでどうせレンズが曇ってくるのでレンズを度数を調整して変えてしまえるというのもあるようです。レーシックを行う場合は、近視を少し残してあげるなど、本人に合わせてレーシックを行うような気配りが大切になってくるので、そうしたことをきちんとカンファレンスして納得のいく治療を行ってくれるドクターがいいと思います。


二重まぶたがアナタの美しさを作る

この記事へのコメント
新しいタイプの老眼鏡「クリックリーダー」は、
特許を取得している磁石によるメガネの掛け外しができる老眼鏡です。
他の特長・商品画像は、http://v56.genin.jp/ にあります。

メガネ店で、販売してみたい場合お知らせください。
卸値等お知らせします。

詳細・・・>http://v56.genin.jp/
Posted by グラス at 2007年09月24日 15:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53243432

この記事へのトラックバック


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。