レーシック(視力矯正手術)で、視力をとり戻す


コンタクトやメガネをお使いの方、わずらわしさを感じることはありませんか?近視・遠視・乱視を治して、日常生活を裸眼ですごすことができれば、とお思いの方も多いのではないでしょうか。レーシック(視力矯正手術)は、約20分の手術で、1.0以上の裸眼視力を取り戻すことも可能だという報告もあるのです。

レーシックに代表される視力矯正手術は、一生使っていかなければならないあなた自身の目に手術をしなければならないとなると、とても魅力的ですが、少し不安もありませんか?そこで今回は、あなた自身に合った治療を受けるために、レーシック(視力矯正手術)の手術を受ける前に知っておくべき事と、ポイントについてお話いたします。

レーシック(視力矯正手術)の治療には、何種類かの手術方法があります。
どのレーシック(視力矯正手術)の治療法をあなた自身が受けるかどうかは、眼科専門医の検査やカウンセリングを受けながら、自分の年齢、現在の視力の状態、角膜の厚さ、手術後に希望する視力に合った治療を選ぶ必要があります。自己判断で簡単に選ぶことはできないので、しっかり専門病院で見診してもらうようにましょう。

20歳未満は、視力がまだ安定していないため、一般的にはレーシック(視力矯正手術)が受けられません。
※クリニックによっては、18歳未満のところもあります。

また、40歳代以上の場合は、近視や乱視以外の目の状態も考える必要がありそうです。たとえば、すでに老眼になっている場合は、その老眼を治すことはできません。また、代表的な視力矯正手術であるレーシックという手術以外の方法をとることも、選択肢の一つになります。

さらに、60歳以上で、すでに白内障が存在しているときには、保険適応の白内障手術をして近視も治すことができます。
この記事へのコメント
新しいタイプの老眼鏡「クリックリーダー」は、
特許を取得している磁石によるメガネの掛け外しができる老眼鏡です。
他の特長・商品画像は、http://v56.genin.jp/ にあります。

メガネ店で、販売してみたい場合お知らせください。
卸値等お知らせします。

詳細・・・>http://v56.genin.jp/
Posted by グラス at 2007年09月24日 16:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51683991

この記事へのトラックバック

視力矯正 手術
Excerpt: レーシックは2回受けられますか?3年前、レーシック(視力矯正手術)を行い両目とも、1.5まで回復しました。 しかし、仕事柄パソコンを多く使うこともあり、現在両目0.7まで下がってしまいました。 眼鏡や..
Weblog: 視力矯正・回復・・・目の悩み改善!
Tracked: 2007-09-13 03:19


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。