美容整形外科、他科との違い



二重まぶたpage02


二重まぶたメイクの全て

近年、形成外科の一分野である認識もあり、大学病院や総合病院において美容外科がある場合は形成外科内に併設されている場合が多い。しかし、歴史的には美容外科は大学病院などで扱われはじめたのは比較的最近のことであり、街の開業医たちによって技術が育まれてきた異色の側面があった。その経緯と、既に標榜科の整形外科や形成外科の定義付けに、美容外科的なものが含まれてなかった事もあり、美容外科は昭和53年に標榜科目に認可された。(なお、美容外科に類似する名称として「美容皮膚科」や「美容内科」等の名称を診療所が独自に用いている例もあるが、これらの名称は標榜科目としては認可されていない。)

美容外科は呼称として整容外科、形成美容外科、美容整形外科とも言われる。またこの分野の施術は、一般には整形手術、美容形成手術、美容整形手術などと言われることが多いが、これは法律的な根拠のない俗称であり、正しくは美容外科手術と呼ぶべきものである。なお「整形」という言葉から誤解を受けがちであるが、整形外科は美容外科とまったく異なる診療科である。

日本では永らく形成外科医以外によって美容的手術が施されてきた経緯があり、多くの問題を生み出してきたものの彼らには一定の実績とノウハウがある。また、元来、解剖学的な専門知識に基づき瘢痕形成や顔面組織の機能障害などを専門分野にしてきた形成外科医が美容外科を取り込もうとしている中で、審美的センスに磨きをかけ豊富な美容外科的実績を集積しているのは一部の形成外科医にとどまる。両者の技術的、人的交流がこれからの課題となってきている。

引用:wikipedia



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。