レーシック術後の検診と視力回復トレーニング



レーシックは手術後の定期検診が最も重要で、これは絶対に行わなければいけません。
忘れていたでは、とりかえしのつかないことにもなりかねないので、注意しておきましょう。

視力回復後も視力回復トレーニングは、引き続き行っていかなければ視力が低下してしまいますが、視力回復前のトレーニングほど力を入れてトレーニングする必要はありません。
そして回復前も回復後も何も恐れることもありませんし、あれこれ悩んだり心配したりすることもありません。

手術の翌日の検査はとても大切で、遠くから来た人は医療機関の近辺のホテルを予約したほうが良いでしょう。
「そこまでする必要があるの?」とか「お金がまたかかる」などと思うかもしれませんが、できるだけ身体に負担をかけないようにしたほうが良いためです。

定期検診へ行くペースは手術の翌日、1週間後、1ケ月後、3ケ月後・・・とこまめに設定されます。
いつどんな症状が起こるかわからないので、忘れずに必ず行くようにしましょう。

視力が落ち着いてくるのは術後1ケ月後以降です。
回復するまでの期間には個人差はありますが、この期間の間にドライアイやハロなど何らかの症状が出てくる場合も多々あります。
なので、レーシックを受けたからといって、油断はできません。

視力が落ち着くまでは、気持ち的にもドキドキして落ち着かない日々が続くことでしょう。
それが逆にストレスになると思われる人はトーレニング前もトレーニング中もそしてトレーニング後も何のストレスもなくただひたすら継続していけば良いだけの視力回復トレーニングを始めてみることをおすすめします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105150739

この記事へのトラックバック


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。